TENANT

#2月by.田井中芳樹

2020.03.04

TENANT

  • BLOG
  • MUSIC
  • SALON

SHARE:

Coughsが活動休止する。
告知のひと月ほど前にGt. Vo.のよこお君から話は聞いていた。

大阪にああいうフォーキーなインディポップを志向するバンドは他にいなかったので彼らの存在を勝手に頼もしいと思っていた節もあり、サポートの誘いが来た時は素直に嬉しかった。

告知が出た時は周りの人が合いそうだと喜んでくれた。実際自分も合うと思っていたのだけど意外と好みやこだわる部分については異なることも多く、感覚をすり合わせていくのに(鍵盤のたけのも一緒に)随分苦労したことを覚えている。
色々自分の忙しさもあって半年ほどでサポートを終えることにしたのだけど、とてもいい経験だった。

続けることも止めることもそれぞれ難しいけどどちらの選択をしても振り返った時によかったねえと思えるものになっていたらいいなと思う。少しの間だったけど関われてハッピーでした。よこお君もいが君もたかお君もありがとう、これからもよろしくねという気持ちです。

2/22、23は東京に行った。
土曜はcolormalのサポート。大塚meetsは壁がレンガ張りになっていてピザ窯のような香ばしい空間で演奏できたのが良かった。

主催のcorner of kantoはライブが本当に良い。アンサンブルの絶妙な抜き差しとドラマチックな展開。4人全員が演奏巧者というのもあって、練られたアレンジがじわじわと迫力を伴って耳に向かってくる。そこに乗っている柔らかい手触りの歌は訪れたことのない郊外の風景を思い起こさせるようで、爆発的なカタルシスというよりは波打つ稲穂を見ている時に体の芯が透き通っていくような気持ちの良い高揚が感じられた。

同じく共演のKumagusuや見に来ていたお客さんも含めてその場にいた全員が緩やかで温かい空気を共有できているような気がしてとても良かった。私たちも温かい緊張感を持って、肩肘を張ることなく良い演奏ができたんじゃないかと思う。

終演後は機材の話や生活の話をして別れた。こんな感じでまたやれたらいいなと思う。

 

翌23日はTsudio Studioさんのサポート。
Local Visionsとlightmellowbuによるイベント、Yu-Koh β版₂のDAY2に出演した。
Local Visionsは兼ねてより大好きなレーベルで、ツジオさんはもちろんpool$ide君やSNJO君とも親交があったのでこの機会でサポートできること、共演として関われることをとても嬉しく思っていた。

自分だけでなくイベントに関わっていた全員が並々ならない思い入れがあるんだな、というのがオープン前から節々で感じられたし会場は大入り満員、終始異常なほどに盛り上がっていた。

何より出演者のライブが本当に素晴らしく、Circus Tokyoの音響も相まって(低音の鳴りがめちゃくちゃ気持ち良かった)感動する場面が何度もあった。関西勢のpool$ide君やSNJO君、wai wai music resortのライブは今まで自分が見てきた中でベストだったし待望だったAOTQさん含め初見のupusenさん、Omoyaさんのライブも期待をゆうに越えてきて度肝を抜かれてしまった。

lightmellowbuのトークも最高に楽しかったしDJ陣(こうやって括ってしまうのがとても恐縮)も自分の知らない良い曲ばかりを流してくれて、「神回という言葉は今日のためにあるんだな……」とずっと謎の感慨に浸っていた。

一方で自分はというとかなり後悔の残る演奏をしてしまった。ステージの後ろの方にいてもツジオさんの音楽と人となりが愛されているのが痛いほど伝わってきたので納得のいく出来にならずとても悔しかった。出番後はツジオさん含むバンドメンバーや共演者からあたたかい言葉をかけてもらえたけれどやっぱり自分ほんまにあかんわという気持ちが先走って少し荒れてしまったので申し訳ないです……。

総じて音楽愛に溢れたオタクの夢のようなイベントで神戸に住んでいた時の自分が報われたような気持ちになりました。Yu-Koh forever……。

サポート諸々も含め「あの時のアレが思いもよらずコレに繋がる」といった伏線回収のようなイベントが増えてきた。私は意味のないことと同じくらい意味のあることが好きなので過去の出来事が意味づけされる感じは悪くないなと思う。四半世紀生きていると人生もそういうフェーズに入ってくるようで、今やっていることも将来思いもよらない形で何かに繋がるかもしれないと思うと少しポジティブな気持ちになれる。春までもう少しの間は無職でいられるので種蒔きのような気持ちで色々時間を使いたいと思う。

ライブの予定

4/5(日) colormal サポート

Maple and Laurel vol.5

大阪 梅田Shangri-La

開場14:00/開演14:30
前売¥3,000+1drink(¥600)

[出演]
colormal
パソコン音楽クラブ
ラブリーサマーちゃん

SALONロゴ

隣の畑にすごい発見が落ちてるかも。
SALONは「クロスカルチャーな人達への刺激」であり、
「出入り自由なコミュニティ」であることを目指します。

What's SALON ?
SALONイメージ画像
ページトップボタン