FEATURE

毎日が光り出す珠玉のポップソング集。Dokkoise Houseが1st AL『FLOATING HOUSE』をリリースby.SALON

2020.03.05

FEATURE

  • MUSIC

SHARE:

Dokkoise Houseのファースト・アルバム『FLOATING HOUSE』が3月4日に各店舗、各種サブスクリプションにてリリースされた。

 

Dokkoise Houseは都内を中心に活動する男女7人組バンド。2017年にはEP『PILOTIS GROW』、2018年には2曲入りSingle『Free Throw / Discharming』をリリースしており、今回はついに初のアルバム作品となる。

 

新譜からはリード・トラック『Hello, good night』のミュージック・ビデオが公開された。

 

Dokkoise Houseの魅力は親しみやすいのに真似し難い、少しアンニュイなポップセンスにある。Ceroに象徴される2010年代のシティ・ポップへのあこがれがありつつも、その音楽には7人の等身大な気取らない生活感が投影されている。ホーン・トラックやパーカッションを豊富に使った贅沢なグルーブの中に、カトウ(Vo.)ミヨコ(Vo.)の男女2MCの自由なメロディラインがたまにひねくれたりしながら、のびのびと泳ぐ。

 

リリースの度ごとに上質な楽曲で注目を集めてきた彼らの初のアルバムには、親しみやすくリラクシングな雰囲気はそのままに、楽器やコーラス、アレンジの幅を全方位に広げたような珠玉のポップソングが集まっている。今作『FLOATING HOUSE』は、ミックスエンジニアにあだち麗三郎氏、マスタリングエンジニアにはTENDRE、GUIRO、ザ・なつやすみバンドなども手がける風間萌氏が担当している。また当団体SALONにてアーティストが定期的に寄稿するプロジェクト「TENANT」にも参加しているメンバーのヤスオ(Key)がアートワーク等のデザインワーク全般を担当しており、視覚から作品をイメージづける重要なキーとなっている。<TENANT 402>

 

また今回公開されたMVは、自身もバンド「NEIGHBOURHOOD」を主宰するフリーランス映像作家のKawanavox氏がディレクションを担当した。

 

 

 

▷Release

Dokkoise House 1st Album 『FLOATING HOUSE』
01. Liquid Noise
02. Free Throw (Album mix)
03. blue blue
04. Wednesday
05. NICCA
06. study
07. Hello, good night
08. natsu no te (Acoustic ver.)品番:OHGR-0003
価格:¥2000+税
発売日:2020.3.4
レーベル:OHAGI RECORDS
▷Information
Official Web :https://dokkoise-house.com/
Twitter :@dokkoise_house

SALONロゴ

隣の畑にすごい発見が落ちてるかも。
SALONは「クロスカルチャーな人達への刺激」であり、
「出入り自由なコミュニティ」であることを目指します。

What's SALON ?
SALONイメージ画像
ページトップボタン