TENANT

My Favorites: 自宅で快適に過ごすby.So Ohashi

2020.05.10

TENANT

  • MOVIE
  • MUSIC

SHARE:

 

 

家で過ごす期間がまだ続きそうです。たまにスーパーに行く時間に外の空気を吸って、当たり前のように過ごす家での生活の窮屈さを逆に感じさせられますが、幸いやることがたくさんあり、日々があっという間に過ぎていってます。

 

今日は301号室のドラマー田井中くんの▶︎#最近の消費 という、消費生活をつらつら書いている記事を見て良いなあと思ったので、僕も自分のハマっているものなどを気ままに書いてみたいと思います。ちなみに僕も結構、人の勧めてくれるものをディグるのは好きです。どの分野にしても現代人は選択肢が多すぎて、何が自分の感性にあっているかを探すのに時間がかかると思います。信頼できる人から聞いた情報の方が信憑性があるもの。自分の好きなライフスタイルやカルチャーを提案するメディアを見つけるのも近道な気がします。

 

 

・Jhené Aiko “Chilombo”

 

USで日系のR&Bシンガー、ジェネイ・アイコの3月にリリースされたアルバムがとても良いです。女性ネオ・ソウル〜R&Bを聴くことが多いのですが、この人はどこか日本人の繊細さを感じさせる歌い方やメロディーを持っている気がしています。20曲も入っていて飽きないし、元彼Big Seanを始め、Nasや、Miguel&Futureなど、HIPHOPアーティストとのfeaturingも多く、どれも良く多彩です。家で流すだけでChillできます。

 

 

・Fiona Apple “Fetch The Bolt Cutters”

 

世界の音楽メディアの権威である”Pitchfork”で驚異の満点10.0評価を獲った作品。Pitchforkのアルバムレビューはたまに眺めていますが、リアルタイムでリリースされた作品で10.0は初めて見た。調べたら2010年のKanye West “My Beautiful Dark Twisted Fantasy”以来10年ぶりらしいです。今、正直に言うとその衝撃が先行して、咀嚼するようにこのアルバムを聴いている状態。良いアルバムだと思いますがロック・アティテュードが強く今作は結構、現代音楽も感じるようなオルタナティブなアプローチだと感じました。聴いていて面白いです。

 

 

・The Wild Honey Pie

 

▶︎The Wild Honey Pie: Introducing you to your next favorite musicians. Playlists, original videos, dinners and Welcome Campers.

 

海外音楽メディア。大学生の時は日々インディーポップ〜ロックを漁っていて、先に出てきたPitchforkなど大手も含めて海外音楽メディアを見ていたのですが、気づいたら世界の新着音楽をそこまで追えないライフスタイルになっていました。自分で色んなジャンルのバンドもやったし、ラップもやるし、どれも良いと思えるのですが、この自粛期間に久しぶりに音楽にどっぷりと浸かってみていると、懐かしくホームに帰ってきた気持ちになっています。”The Wild Honey Pie”はまずWebが手作り感溢れるポップでキュートなところが良いです。シンガー・ソングライター〜アコースティックな音像が多くて、コーヒー飲みながら聴くのには間違いないです。よく更新される”Buzzing Daily”あたりをチェックしておけば、かなり無名でも気に入る音楽が見つかる気がします(自分の場合)。お気に入りの音楽を見つけて日々とりあえず部屋のスピーカーで流しておけば、流れて行く時や世情に心がささくれ立つときも、静かに自分の「こだわり」の中に没入してやり過ごせるような気がしています。

 

 

・That 70’s Show

 

NETFLIXで見られる少し古い海外ドラマです。アメリカのウィスコンシン州、「ポイントプレイス」という架空の田舎町の70年代後半を描いたシットコム。シットコムは僕の愛してやまない「フレンズ」あるいは有名な「フルハウス」みたいな、海外特有の観客の笑い声が入った、セリフ3回に1回はジョークみたいなアレです。「フレンズ」が好きすぎて他のシットコムにハマれない現象が起きていましたが、「That 70’s Show」はハマって全部観てしまいました(シーズン8まであります)。このドラマに出てくる若者たち、お母さん、お父さん含めて、何か問題が起きるたびにしきりに地下室でドラッグをキメます。日本ではありえないサイケデリックでジャンキーな演出がポイントです。内容は超くだらないですが、70年代最後の日の様子を描くラスト・エピソードでは、みんなでTodd Rundgren “Hello It’s Me”を合唱して終わるところが最高です。

 

 

・ガパオライス

 

自炊をずいぶん長い間していなかった僕の料理レベルは1です。レベル1なりに作れそうな簡単で美味い飯を作って食べることには極上の安らぎを見出しています。ガパオライスはとても好きなのですが近所のスーパー2件行ってもナンプラーもバジルも売っていなかったので、味付けは醤油・酒・砂糖と塩コショウです。大量に作って、余ったら焼いた食パンに乗せてチーズをかけてチンしてガパオ・トーストにするのもありです。自炊再開後、一週間は焼うどん縛り生活をしていました。おかげで今は何を作ろうか考えるのが楽しいです。基本的に食はパワーだと思っているので楽でがっつり美味いを求めています。おすすめ教えてください。

 

 

 

 

 

—————————————
最近の告知
①路地のメンバーらと共に始めた新バンド「ヨットヘヴン」が活動開始しました。1stシングル「グッタイムミュージック」配信中です!

 

 

 

②底辺文化系トークラジオ「二九歳までの地図」に出演しました。パーソナリティーのKTYと、一緒にゲスト出演した松井亜衣さん、Saboten Neon House伊佐さんはSALONの運営チームとして手伝ってくれているメンバーです。ジュラシック・パークを観て短歌を作り、論評するということをしました。短歌2回目だけど面白かった。2時間あるので聞いてくれる人は神。

SALONロゴ

隣の畑にすごい発見が落ちてるかも。
SALONは「クロスカルチャーな人達への刺激」であり、
「出入り自由なコミュニティ」であることを目指します。

What's SALON ?
SALONイメージ画像
ページトップボタン