TENANT

泳ぎを覚えたのは #8 歳のせいかなby.サユリ ニシヤマ

2020.07.15

TENANT

SHARE:

 

ドッキリ番組が嫌いだ。というかドッキリが嫌いだ。急に街のみんなが踊り出すやつでさえ苦手だ。昔流行った顔面ケーキなんて教室で行われた時は関係無いのに逃げた。

ドッキリの何が嫌なのだろうか。

かけられた本人は快/不快で感情を分けたなら確実に不快な感情になる。それを悪気なくやってゲラゲラ笑ってるから苦手な気がする。

大好きなドッキリもある。猫だらけの島で野良猫に人生初の大トロを食べてもらうというものだ。あれはすごく良かった。なんなら泣けた。

人のドッキリもそうなればいいのにと思う。素人相手にやる「目の前に芸能人が現れたら!?」くらいが平和でいいと思う。泥水に落とされたりビンタされたり腰抜かすほど大きな音を立てられたり、そんなことされて嬉しい人はいない。

エキサイトしすぎているのかもしれない。

でも何故人はドッキリが面白いんだろう?

前に「そもそもなんでお笑いって笑えるんだ?」と思い検索したことがある。確かそこには、人は緊張した後にそれがゆるみ、理解出来ると笑ってしまうと書いてあった気がする。ボケが我々の一般常識からズレたことを言い、ツッコミが一般常識に戻してくれる。そのことで笑えるらしい。

なるほど、ドッキリもその法則に当て嵌まるのかもしれない。見慣れた芸能人がいつもと違う顔をする。ネタバラシでいつもの顔に戻る。それが面白さになるのかもしれない。

つまりここに「不快」「痛み」「恐怖」などは必ずしも必要では無いのだ。

もし、ピースで楽しいドッキリがあったら教えてください。

ちなみにいたずらは好きです。

SALONロゴ

隣の畑にすごい発見が落ちてるかも。
SALONは「クロスカルチャーな人達への刺激」であり、
「出入り自由なコミュニティ」であることを目指します。

What's SALON ?
SALONイメージ画像
ページトップボタン