TENANT

月世界宙がえり #13by.イハラカンタロウ

2020.07.31

TENANT

  • BLOG
  • MOVIE
  • SALON

SHARE:

 

イハラカンタロウです。

もう何日も太陽を見ていない気がします。僕は見かけによらず夏が大好き男なので最近あんまり元気が出ません。

それに毎日具合の悪いニュースばかりですね。また巣篭もりの日々がやってきそうです。

こんなやる気のないことを書いてしまいましたが、個人的には7月、何故か死ぬほど忙しくしております!その割に余り発表できることがないのが悔しい!

曲書きをしたり撮影をしたりレックの準備をしたり色んな方と打ち合わせしたり。ごにょごにょ充実しているのですが、何だか気が治らないというか、毎日宙を歩いているような感覚で。やはり未だに変わってしまった日常に心が追いついていない気がします。

そんな時は頭を空っぽにしてくれる大好きなSF映画を観ています。

今回は、ここ半年くらいに観た中で面白かったSF映画を4つご紹介いたします。

 

・『THE THIRTEENTH FLOOR』

 

画質よ。仮想現実がテーマの映画です。頭に機械をくっつけて、仮想現実の世界であれやこれやとすることが出来るようになった近未来が舞台です。

これ以上書くと秒でネタバレするので、余り内容には触れられません。

73年の西ドイツ映画『あやつり糸の世界』が元ネタだそうです。僕はそっちも観たのですが、確か3時間くらいあって最後まで観るのが結構キツかった。内容も綺麗にまとまってるこちらがお勧めです!

ラストシーンは感動もの。

 

・『2000人の狂人』

https://ja.wikipedia.org/wiki/2000人の狂人

 

ハーシェル・ゴードン・ルイス血の三部作!!

グロテスクですので、注意してください!

ある田舎町に入り込んでしまった男女たちが生贄のごとく惨い目にあっていくお話です。最初に野原で女性がやられてしまうシーンが目を覆いたくなるような、何とも言い難い感じ…。あまりグロテスクなのはお勧めしたくないのですが、この映画は音楽が素晴らしかったので…!シンプルかつカントリーな60年代ならではの音楽がふんだんに使われていて、そこがまた渋怖い!!

そういえばミッドサマーまだ観てないから観たいです。

 

・『ランダム 存在の確率』

 

低予算映画だそうですが、アイデアがものすごく練られていて面白かったです。

ミラー彗星が、地球に最も接近するとされる夜。エムとケヴィンのカップルは、友人が自宅で開くパーティーに招待される。男女8人で楽しい時間を過ごそうとした矢先、突如として停電が起きて部屋は暗闇に包まれる。不安に駆られた彼らは部屋を飛び出して外の様子を見に行くが、そこで自分たちとうり二つの人間が全く同じ家で生活しているのを目にする…

(引用 https://movies.yahoo.co.jp/movie/351130/)

この男女8人てのが複雑な関係で、昔からの蟠りや何やらで、そこも映画を面白くするポイントになってました。

 

・『アイデンティティー』

 

こういう最後にオォ!って思うような伏線回収型の映画が大好きです。それにストーリーが進むテンポもとっても良くてずっと集中して観ていた気がします。最後に少し濁す終わり方も好きです。死刑囚の終盤の演技が凄すぎて一番の印象でした。

 激しい豪雨が降り続く夜、人里離れた一軒のモーテル。管理人ラリーがくつろいでいるところへ、ひとりの男が飛び込んでくる。彼、ジョージは息子ティミーを伴い、交通事故で大ケガをした妻アリスを運び込む。救助を要請しようとするが電話は不通だった。アリスをはねたのは女優キャロラインの運転手で元警官のエド。彼は病院へ向け車を走らせるが、途中で立ち往生し、やむなくモーテルへ引き返すことに…。ある時、ある一室で、既に死刑判決の下った事件について再審理が行われようとしている。ポイントとなっているのは、その事件の連続殺人犯である囚人が書いた日記だった。

(引用 https://movies.yahoo.co.jp/movie/318699/)

 

以上でございます。

早く気兼ねなく夏の海に行ける日常に戻りますように!

 

SALONロゴ

隣の畑にすごい発見が落ちてるかも。
SALONは「クロスカルチャーな人達への刺激」であり、
「出入り自由なコミュニティ」であることを目指します。

What's SALON ?
SALONイメージ画像
ページトップボタン