TENANT

2020年は周りの人と一緒にハッピーになりたいby.So Ohashi

2020.01.05

TENANT

  • BLOG

SHARE:

新年、明けましておめでとうございます。

 

年を超える瞬間は一人で部屋で目を閉じて瞑想しました。
願い事は健やかに一年生きられること。周りの人と一緒にハッピーになること。です。

 

さて、SALONは最近サイトリニューアルが終わりました。
長く更新ができない期間が続き、SALONのことや自分のことを書けていなかったので少し振り返ってみようと思います。

 

昨年はSALONではあまり動けなかったものの、物販ECサイトPOOLで「架空のバンTフェス」
Youtubeで「WALKIN’ IN THE RHYTHM」の2企画を発射できました。

 

存在しないバンドのTeeを各クリエイターがコンセプトごと考えて販売した「架空のバンTフェス」では大変さもあったものの、実際に企画で生まれたTシャツが一部では人気を博し、存在しているバンドのグッズよりも出回っていたりとかして面白嬉しかったです。せっかく準備して頂いた作品を売り切れなかったのは力不足で、反省しないといけないところです。2018年までのSALONは世の中の第三者の作品に対するレビューやメディア的な要素が強くなってしまっていたと感じており、対して2019年からSALONはアーティストの集まりとして自ら新しい作品や、作品の発表方法を含めて創造していくというアイデンティティーを持って取り組んでいたので、実際に形になる企画が出来てよかったです。

POOL by SALON

 

 

「WALKIN’ IN THE RHYTHM」は音楽をやるアーティストが集まって共通の体験をし、インプットを共有してそれぞれが感じたことを元にみんなで一曲にアウトプットしたらどうなるのか?というドキュメンタリーのYoutube番組です。
サイトの更新ができないので他の媒体でやれる企画を探していたり、自分自身、将来のために磨けるスキルとして映像編集を本腰入れてやりたい、と思ったりしたのが重なってちょうどよかったのだと思います。仕事を辞めて自分の活動を広げようと考えていたラッパーフレンズのKTYを呼んで相談したら「映画館出た瞬間カメラ回す」というめちゃめちゃ具体性のあるアイデアをもらい、彼に大部分任せてブッキングも手伝ってもらいながら第一回からかなり面白いものを発信することができました。KTYには去年めちゃめちゃお世話になりましたありがとう・・・。そして彼のようなバイブスと情熱を持った人が企画を持ち込み回してくれるのは理想型でもあります。

 

年末ギリギリに第二回の撮影が終わったので、今はこれの編集をしています。近々公開になりますが、めちゃくちゃ面白いです。
これも撮影、編集含めて一筋縄ではいかない企画になっちゃいましたが、勝手にSALONらしさってこういうことだよなあと確信してしまっているので、ぜひ続けたいものです。第一回で誕生した「ひとりずもう」という曲はタイミングよくなんとライブで披露する機会もいただけてマジで?という感じで面白かったです。もし順調に続いたら、サブスク配信したりも面白いなあと思っています。企画・構想にあたって個人的には、大好きなYoutubeコンテンツ「STUDIO韻シスト」の影響を少なからず受けています。

 

 

あとはYoutubeでは単発のクリスマス・ソング・カバーも出させていただきました。
これも辻ちゃん&春信の持ち込みですが毎回いいのでもっとやってください。
今回は特にメンバー面白かったなあ。ありがとうございました。

 

 

個人的には去年は「過渡期」でした。まさに年始に神社で目撃した「平成四年生まれ・八方塞がり」の言葉どおりでした。
しかしそんなに想定もしていないことばっかりかといったらそうでもなくて、ある程度予想していた動けなさだったりもしました。
ラップをはじめ新しいことへの挑戦は少なからずできたし、それによってひらけた新しい世界は今年以降の自分にプラスに働くこと間違いなしです。

 

 

今は2つ新しいバンドの始動に向けて動いていて、この間まで「SALON」「路地」「仕事」の三本柱でいくぞ!とか言っていたのに、気づいたら「LAUNDRY」が増え、今年はMAXだと「SALON」「路地」「仕事」「LAUNDRY」「新バンド①」「新バンド②」みたいな訳わからんことになりそうです。その一つ一つにリアルで真摯なまなざしで向き合っていこうと思います。

 

最近は自分が携わっていることの意味とか、価値を付けられているのかとか考えてしまいがちで、新年早々結構ブルー入っていますが、ここは乗り越えないといけないところ。自分のスキルや姿勢が原因ならばちょっと時間はかかるかもしれないけれど変えられる。去年の足あとを見つめて改めて感じたのは自分の関わっているこれらのことにとても自信があり楽しみであることです。そして周りの人とそれぞれに人生のフェーズや環境は違っても、まるごとシェアしながら歩みを楽しめていることの幸せさです。

 

今年も二度と来ない時間を周りの人と噛み締めながら過ごせることを祈ります。

SALONロゴ

隣の畑にすごい発見が落ちてるかも。
SALONは「クロスカルチャーな人達への刺激」であり、
「出入り自由なコミュニティ」であることを目指します。

What's SALON ?
SALONイメージ画像
ページトップボタン