TENANT

れいわby.Allancmo

2020.01.24

TENANT

  • BLOG

SHARE:

時は2020年。

年末から年始はものすごい勢いで時間が過ぎる。二本の企画ライブや、新年会、繁忙期。たぶんここ最近で1番忙しかった。忙しくさせられ、突風のように時間が経ちすぎて、全てが先週のことのようにも思えてくる。

どこかの社長がたくさんのお金を配ったり、あと半年後に人生で一度見れるか見れないかもしれないオリンピック、時代を逆算するようにネットフリックスでAV監督を題材にされたドラマが大ヒット。日本は上にも下にもおかしくなって、確実に何か違う方向へ、新たに進化しようとしていた。

そんな中、安上がりになるポテトフライとハンバーガーを頬張りながら何となく世界の行く末と、自分の行く末を見守るーーーーーーーーーーー。

占いを信じるようになった。というよりかは頼りたくなった。頼らざるも負えなくなった。何としても結果を出したい自分、評価だけは一丁前に上がる自分、何のバズも起きないまま、翌日のライブで声が出るかも怪しい状態が続いたのが2020年の始まりだった。生年月日を伝える、去年、一昨年は運勢が最悪だった、今年、来年で結果が出なければ何とか方向転換しようとする……

たかが生年月日と名前を教えたところでなぜか芯を食ったかのような発言をする。それはある種の揺さぶりにも聞こえてくる。そうしなければいけないぞ。キミにはそういう道しか残されていないぞ。明日はキミの余命まで後何十年と何日になったぞーーーー。

あの頃、いや去年まで我慢できたものが日に日にできなくなっている。それはくだらないこと(軽く気を使ったり、なんとなく発言に対して答えるとか)がなぜかイヤになってきてる。マンネリなのか、何かそこに帰属したくない別の理由があるのか威張れないとかーーーー。移り変わってゆく自分の置かれる状態にいてもたってもいられなくなるような、そんな気持ちにさせられている。自分は他と何も変わらない。何も変わらず、ただ普通に過ごしたいだけ。同じように真面目に、仕事に打ち込むなぜそんな僕がバイトして色んな人にペコペコして安いお金をもらわないと生きれないのか。たくさんの打開を考える。ただ簡単に利益が出ることを考えたりする。何もできないとか言う僕には曲を作ること以外なんてそんなこと言うのだ

 

僕は支えられている。もう自分のために音楽を作ってるような気がしなくなってきた。色んな人に背中を押され、それでも転びそうな時は自分が自ら立ち上がろうと努力をするのだった。

SALONロゴ

隣の畑にすごい発見が落ちてるかも。
SALONは「クロスカルチャーな人達への刺激」であり、
「出入り自由なコミュニティ」であることを目指します。

What's SALON ?
SALONイメージ画像
ページトップボタン