• HOME >
  • ACTION >
  • 【SALON×HOLIDAY!RECORDS】SALON運営チームが選ぶ!いま聴きたい10曲

×SALON運営チームが選ぶ!
いま聴きたい10曲


3人の友達の酔っ払い達が、、いや、間違えました。
2人のバンドマンと1人のクリエーターが何やら面白い事を始めたみたい。そんな3人にHOLIDAY! RECORDS恒例企画のプレイリスト作成を頼んだら、僕も知らない曲がありました。あー悔しい!この3人が作るSALONというサイトにはどうやら色んな刺激がありそうな予感がしてきました。応援しております。HOLIDAY!RECORDS 植野

Let’s listen

chooses

Other Too Pure Songs
「Sunday」

「空気澄み渡る朝!ご機嫌に目覚め、軽快に身支度を済ませ、家を飛び出し自転車で駆けめぐる、ハッピーみなぎるサンデー。」

SUPER SHANGHAI BAND
「Bonnie」

「雨降りの憂うつな気だるい平日。冷めてぬるくなったコーヒーの水面に浮かび上がるセンチメンタルをかき混ぜて壊していく、女の子の強さ。」

Taiko Super Kicks
「S.E.A.T」

「期待や希望を抱くことの無意味さを知りながら、沈みゆく夕陽を見てまた明日の訪れを待ってしまう。子どものように。」

自分が映画のヒロインだったら・・という妄想の果て、サウンドトラックとして使いたい曲をセレクトしました。

chooses

Toxxies
「Stay Gold」

ビジュアルやMVからアート性の強さを感じる。数年前に観たフランスの映画「EDEN」に出てきたような冷たい質感のクラブで、ウイスキーで頭が痛い午前2時くらいに聴きたい。

Opus Inn
「Grand Illusion」

音楽は最高のファッションアイテムの一つ。このトラックを遠くに聴きながら時間の流れの中で停止したい。極上。

Maco Marets
「Crunchy Leaves」

evisbeatsやJambo Lacker、BASIあたりがツボな僕にはハマりすぎるチル・ヒップホップニューカマーfrom Rallyeさん。

Acidclank
「ナイトイン(Night In)」

Acidclankはとにかくすごく格好良い。日本語の曲はこうなるんだ。浸れる。

chooses

ロンリー
「hang over」

みんないつも自分の中のどこかに隠し持ってる人に話せないような情けないことや、かっこ悪いことを、ただ知ってくれてるような気がしちゃうから、ロンリーの歌は素敵だなと思います。

賢いユリシーズ
「延期された私信」

賢いユリシーズの音楽はとても正直な音楽だなと思います。フラフラ揺れ動いてしまう不安定で脆い人間の心をそのまま音にしたような演奏も、もどかしさに溢れた歌詞も、とても正直でかっこいいなと思います。

バレーボウイズ
「卒業」

人によって差はあれど「いつかの何か」を思い出させる言葉っていうのがあると思います。この歌にはそんな言葉が散りばめられていて、聴くたびに懐かしい気持ちにさせられます。