• HOME >
  • FEATURE >
  • 【FEATURE】KUNG-FU GIRL/1st Album Release Interview
2019.07.01

【FEATURE】KUNG-FU GIRL/1st Album Release Interview

パンキッシュかつ疾走するサウンド。
ボーカルMilkのキュートな歌声がスパイスとなり
ハチャメチャで楽しくって笑っちゃうくらい。
それはまるで外国のアニメやカラフルなチューインガムのよう!
今回は5月に初のフルアルバムにして待望の全国流通盤をリリースした
KUNG-FU GIRLにインタビュー。


L→R:Milk,Nakatani,Aya,Happy

Interview Date: 2019.06.02
Interviewer: ニシダ キノコ

わかりやすくダイレクトに伝わるものだとすれば、
やっぱりセルフタイトルが一番良いと思ってこのタイトルをつけました。

―まず今回発売された初の全国流通1st album『KUNG-FU GIRL』の
コンセプトなんですか?

Milk:カッコつけずに単純に楽しさが伝われば。をモットーに制作しました。

―それはバンドはやる上で楽しく活動したいのはやっぱり思いますもんね。

Happy:他人の演奏責めたところで自分が上手くなるわけでもないし(笑)
だから何も言わず責めない。それをとても大事にしています。

Milk:いいところは引き出しくのを大切にしているバンドでありたいです。

―なぜセルフタイトルを選んだんですか?

Happy:1stアルバムでジャケットをこういう感じにしようってなった段階でタイトルついてると、
カッコ悪いなと(笑)ないほうがインパクトやかわいさがあるかなっと思って。

―じゃあもうバンド名のみでいっちゃえと(笑)?

Milk:あとはタイトル付けると混乱するんじゃないかなと思って(笑)
まだ知名度もそこまでないのにどっちがバンド名でどっちがタイトル!?って
買ったお客さんが混乱するよりかは、わかりやすくダイレクトに伝わるものだとすれば、
やっぱりセルフタイトルが一番良いと思ってこのタイトルをつけました。

―イメージ先行でタイトルを付けたんですね。

Happy:絵にした時にまとまりがいいのが、セルフタイトルだなって思ったのがありますね。
これなら絶対に誰も間違わないし、覚えてもらいやすいよね。
これで終わるわけではないし、集大成とかの意味とかは全く無くて、
本当はもう一枚くらい作れるくらい曲のストックはあったけど削ってるし。
なので本当にわかりやすさを重視したかな。
本当は2ndもセルフタイトルでいったろかなという気持ち(笑)。

―KUNG-FU GIRL2?!(笑)

Happy:いやどっちかっていうとWeezerみたいな青盤・赤盤的なね。
僕らやと今回はピンクやから2ndは水色とかターコイズ盤とかね!
そういう形態でもかわいいよね(笑)

自分たちらしさを詰め込んだ等身大の楽曲たち

―前回のリリースから今回のアルバムの心境の変化などありましたか?

Milk:ギターパートの前田くんが辞めることになって、これまで作ったものを形にしたいと思いました。
私自身の気持ちとしては彼が辞めることになって、今まではバンド活動をする上で私の
役目は1/4ぐらいの感覚でいたんですけど、前田くんがいなくなることで私が指揮を取っていかないと!
という気持ちが一番の心境の変化でしたね。
その気持ちのおかげで音やCDジャケット、MVをちゃんと細部にまでこだわって今回の作品は作れたんじゃないかな。

―1stアルバムリリースにあたり、バンドの意気込みってありますか?

Happy:意気込みっていうか素の僕たちを表現したかったですね。
ミスすらそのまま録音しちゃうくらい、素の状態の雰囲気をアルバムに収めたくって。

―素のわたしたちはこれです!みたいな?

Happy:そうそう。逆にあまり意気込まないことかも。
意気込んだところでよくはならないから。
ただただ普通に、普段通りの感じで演ることは意識しました。

Aya:楽しくやることが大事だからね。

―今回のアルバムが出来るまでの流れはどんな感じだったんですか?

Milk:私たちが初めに描いた音づくりのイメージは
もっとザラザラしててチープな感じをイメージしてたんだけど。
ハヤシムネマサさん
(今回のレコーディングエンジニア。AFOK/THE DIDITITIS/ex PENPALS)
から「もうちょっとクリアでインパクトある音にしたほうがいいんじゃないか」って
提案があったんです。

Happy:人に届いやすいほうがいいんじゃないかとね。

Milk:なのでいままでとは違う音の仕上がりになりましたね。
でもその提案があったからこそ幅広い人に届けれたんじゃないかと思う!
且つ自分たちの良さを引き出せるような音のイメージにおさまることが出来たなあ。

Happy:本当に今まで通り自分たちだけで作ってたら、こうはならなかったと思うから。
とても面白い仕上がりになりましたね。

―私のいままでのイメージだとカセットテープに落とし込んだようなチープさも
KUNG-FU GIRLぽいのかなとも思ってました。今回は初の流通だから
いままでバンドのことを知らない層にも届けるためにはその音作りはやはり良い選択だったんですね。

Happy:そう。今までの感じだと全然バンドことやアノラックな感じを知らない人が聞いたらなんやこれ?
ってなるんじゃないかというのもあって。
ただうるさくて何してるのかわからないみたいになるなと(笑)

Milk:自分たちが普段聴いてるのはそういうのだけど、たくさんの人に聴いてもらいたいからね。
だから少し今までとは違う感じになったかも。

曲がいいからできるだけ楽しくポジティブにできたらなあって。(Happy)

―レコーディングっていつからスタートしてたんですか?

Milk:昨年の夏くらいからかなー。

Happy:レコーディングにしては短いくらいの期間だったよね。
その後の前田くんのギター録りのはずが、スケジュールが合わなくなっちゃって。
そこで少し時間かかっちゃったけど経験上でいうと割とほんとにすんなりと終わった。
大体通常だと練ったりする時間とかも含め10ヶ月くらいかかっちゃうんだけど。
だから今回のレコーディングはMIXからが早かった。

―じゃあ一番かかったのは録る作業だったんですか?

Happy:ベーシックは早かったけどギター以外はほぼ一日で終わって。
1~3テイクくらいでOKだった。世の中のバンドは時間かかりすぎてる(笑)!
鮮度というか素のままの雰囲気を収めたいというのもあったから、僕ら11曲を5時間くらいで録り終えちゃいましたね。
そんなに録り直したところで結局1テイク目が一番いい時のが多いって思って。
そういう意味でもレコーデイングはあまり長引かせたくなかった。
曲がいいからできるだけ楽しくポジティブにできたらなあって。

―KUNG-FU GIRLらしいレコーディング秘話や思い出ってありますか?

Milk:このエピソードはいろんなところでもう言ってるんだけど(笑)

Aya:あっ、絶対怒られた時のやつだ(笑)

Milk:私のボーカル録りをするの前に、Happyとあやちゃんに「コーラス覚えておいてね」って
音源と歌詞を渡しておいたんです。まあ多分何時間も私はボーカル録りで篭るし、
その間に完璧に覚えられるでしょって。
そしてやっと数時間かかったボーカル録りを終えて、
「ふう、ようやく終わった」ってスタジオのドア開けたら・・・
ふたりともめちゃくちゃベロベロに酔っ払ってて!!

一同爆笑

Aya:いやああの日は凄かった…(苦笑)
12%のチューハイがまだ世に出たての頃で呑んでみようよーってなって。
好きなアイドルが脱退してショックだったってのもあったから(笑)

Happy:僕も励ますついでにがーって勢いよく呑んじゃって(笑)

Milk:あやちゃんがベロベロに酔っているときの状態でコーラスしているものが収録されてる曲が多いよね(笑)

―私もアルバム聴いたときになんかやたらとあやちゃんがしているコーラス、
テンション高いなあとは思ってたんですけど、まさかベロベロに酔っていたとは(笑)

Happy:もう一つ面白いエピソードといえば(笑)
ツインボーカルの曲があって、CDに収録されているのは前田くんの声だけど、あれ実は僕が初めは歌う予定で。

Milk:そう!前田くん脱退しちゃうから今後のために、Happyに歌ってもらおうてなってたんですけど。

Happy:一部結構いい感じでいけたんじゃないかと思ってたはずが、
全体的に声の伸びるところが”こぶし”がきいちゃってて(笑)
布施明やん!ってなってしまった。

Aya:もうなにを歌っても布施明にしか聞こえなかった(笑)

Milk:クセがあまりのも強すぎてほぼNGになっちゃった(苦笑)
なので結局、前田くんに歌ってもらうことにしました。

Happy:頑張って歌ったけどほぼNGは悲しかった…
「もっとこぶしを抜いて」って言われたけど無理でした…(笑)

Milk:結果、前田くんでよかったし、声もいいから完ぺき!グッジョブだったね。(笑)

Happy:前田くんには本当に助かりました。

隠れたオマージュやインスパイアされたものを探す感覚で何度でも聴いてほしい

―アルバム制作や音楽を作る上で影響受けたカルチャーや参考にしているものは?

Milk:音楽面だとギターポップとアメリカのオルタナは軸にありますね。
KUNG-FU GIRLはわたしの中ではアメリカンなイメージで。
そこは意識しているかも。

Happy:一応僕らのやっていることは意気込み的な部分でいうとミクスチャーだと思っていて。
影響受けたものやインスピレーションは色々なものが土台にはあるから。
個人的には”アノラック”は使っていきたいという思いがありますね。
僕らの音楽を一言で表すのなら”アノラック”がちょうどいいかなって。
わからないようにオマージュや、僕らなりにいろんな要素を含んでアウトプットしてるのがKUNG-FU GIRLだからね。
ただそのネタ元を押し出し過ぎるとヲタクっぽくなるので、そのイメージはあまり持たせないように気をつけてます。
ポップパンク、エモ、オルタナ、ローファイいろんな要素が本当に軸にはあるから。
だからってのもあるのかもしれないけど、BPMが異様に早い楽曲が多い!もはやクリックで捉えきれないくらい(笑)

Aya:本当にライブめっちゃ大変なときあるもん!

Happy:指摘され始めてからは最近意識してゆっくりは心がけているつもり(笑)
カルチャーの関してはわからない部分が多いけどニッチなものが好きな分、
僕らの曲を掘り下げれば掘り下げるほど色々と発見があって、何回噛んでも旨みがでてくるのがおもしろいと思う。

―沢山のものにインスパイアされて産まれた、という背景を知った上で改めて楽曲を聞くと
後に、あっ!そういうことか!って思ったり何度聞いても違った楽しみ方ができそうです。

―さてここからはアートワーク関連について聞きたいと思います。
CDジャケットやMVなどのイメージはバンド全員が提案されたものですか?

Milk:私がはじめにアートワークや音は私がこうしたいというイメージの土台を考えて、
そこからHappyに相談してふたりで固めていくやり方をしました。
やりたいことが軸にあった上でだからスムーズにイメージを形に出来たと思う。

―CDジャケットのアートワークの一番のこだわりは?

Milk:まずはじめに何色にしようかなって思って、
あんまり他のCDにない色がいいと思ってCDショップなどに偵察に行ったんです。

Milk:沢山のCDが並べられているのを見て思ったのが、パッと目に付くかわいい色が
いいなってその時にふっとイメージが固まりました。それでやさしい色のピンクにしようと。
自分が一番はじめに見たときに目について、この色かわいいなって色にしたかった。

Happy:あとから僕たちの大好きなアメリカのバンド、
Beat Happeningの2ndアルバム『Jamboree』のジャケットと同じ色って気付いて嬉しかった。
じゃあ雰囲気もこの感じでいこうと配置も実は似たレイアウトに寄せてもらえるよう
漫画家の新星エビマヨネーズさんにイラストをお願いしました。

―今回のイラストを描いたのは漫画家さんなんですね。
どういうつながりでオファーに至ったのでしょう?

Happy:僕たちが前にカセットを出した時にレーベルの方に紹介してもらって、
その時にはじめて一緒にお仕事をしたんです。
すごく気に入ったので今回もぜひまた描いてほしくてオファーしました。
だから実は前回リリースのカセットのデザインから今回のアルバムの
ジャケットはストーリーが繋がってるんです!出てくるキャラクターも同じで。
ジャケットはそういう意味ではすごくコンセプチャルにこだわった部分ですね。

Aya:こだわりが強かった分、すごく好評でうれしかった。

―あのジャケットのイラストはインパクトあるし本当に可愛かったですもん。


KUNG-FU GIRL/CASSETTE TAPES CLUB #8(TAPE+MP3 ダウンロードコード付)
4曲入り。100本限定。Thank you,sold out!
https://soundcloud.com/milesapartrec/kung-fu-girl-maybe-tomorrow

―にんクリさんが手がけたMVについてもお話きかせてください。

Milk:KUNG-FU GIRLの明るい楽しい感じが伝わればいいなと思って。
私に好きなコメディ映画の感じにしたいと監督にはじめにイメージを伝えました。

―ちなみになんの映画ですか?

アメリカのコメディ映画「キルスティンダンストの大統領に気をつけろ!」が元ネタです!
この映画のハチャメチャな感じがKUNG-FU GIRLぽいかなと。いつかやりたいなって思っていたのが今回叶いました。

キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ! [DVD]
https://www.amazon.co.jp/dp/B0001E3CKA/

カバー曲として音楽映画 屈指の名作〈すべてをあなたに〉の主題歌を選んだ隠された想いとは

―HOLIDAY!RECORDSのアルバム特典が
映画『すべてをあなたに』の主題歌であり
劇中に登場するThe Wondersが演奏する
『THAT THING YOU DO!』をカバー曲として選んだのはなぜですか?

Happy:もともと単純にいい曲で好きだったというのもあるけど、
若者層やみんなが知ってる曲っていうのも実は候補には上がってたんです。

Milk:Green Dayにする?って案もあったよね、はじめは。

―特典は音源でという指定みたいなのはあったんですか?

Milk:いや音源って限定されていたわけじゃないけど、
以前もカバー曲を特典につけた時に好評で。
その流れで今回もカバー曲を特典にしようってなりました。

―前回はHOLIDAY!RECORDSの代表がやっていたバンドのカバーでしたよね。

Happy:そうそう!他のバンドもそのカバーしてるらしくっていつかカバー対決したいな!
モノマネ歌合戦みたいにご本人後ろから登場!みたいな感じがいいな(笑)

今回のカバーの選曲はパンク曲をかわいくするか、逆に可愛い曲をパンクアレンジにするかで悩んで。
自分たちのファン層に愛されいる曲がいいなっていう想いがあるので。
はじめはNEW FOUND GRORYが『THAT THING YOU DO!』のカバーしていたものを
土台に組み立ててツービートで考えていたんです。けどなんかバンドの雰囲気に合わなくて。
なので今の僕ららしさを大事に構築し直しましたね。

Milk:結果ちょっとチープな感じが私たちらしい感じに仕上がってよかったですね。

Happy:今回のアレンジ、実は凝っていて。
コード進行も変えてるし、リズムもぜんぶ変えてるんです!
どうせカバーするなら全くちがう感じに仕上げたいというこだわりがありました。

Milk:Happyのアレンジが冴え渡ってるね。

Happy:もうこのビジョンが見えた時、
自分でも天才だと思ったもん(笑)
最後の30分くらいでアイデアがうわあって閃いて!

結果たのしくやるのが一番!(Aya)

―今後対バンしたいバンドや気になるバンドはいますか?

Milk:ポップパンクのバンドともっとしたいな!

Happy:The Wimpy`sやNavelと対バンしてみたい。
いろんなバンドとライブはもちろんしたいけど、
かっこいい先輩バンドとも演っていきたいと思ってます。
この間、難波ベアーズで対バンをした ツチヤチカら(from 6eyes) や くぴぽ などアイドルや他ジャンルの人が
いるイベントだったんですけど、お客さんもとても温かくてピースフルで
めちゃくちゃ楽しかった。はじめて見てくれた人もすごく褒めてくれて。
元気なバンドとかともやりたいです!

 

―では最後、バンドの今後について

Milk:変わらず・マイペースにかっこいい曲を作っていきたいですね。
メンバーも変わったのいままでとは違った一面も見せれたらなと。

Happy:ディズニーやサウスパークみたいな音楽が好きで、海外のアニメで使われいているような
ああいうミュージカル要素もある音楽を作りたいと思ってます。
ディズニー×パンクみたいな。いままでの人生でやったことないので新しいことに挑戦していきたいですね。
気持ちはミクスチャーですから。
意図的に実験しながら作っていけたらと思います。

Aya:今後とか特にビジョンはないですけど(笑)

一同爆笑

Aya:ストレスなく、楽しくが大前提で今後もやっていきたいです!
結果たのしくやるのが一番!

―ありがとうございました!

–––––––”アノラック”というカルチャーを大事にしながらジャンプしたりクルクル回りながら駆け巡る楽曲たち。
決してキュートだけではおさまらないパンクさ。
何事も楽しくやることで彼女たちの優しさや強い意思が音楽に滲み出ている気がした。

■Text/Photo: ニシダ キノコ


KUNG-FU GIRL:
2014年 大阪にて結成。
2015年 Miles Apart Recordsから100本限定カセットテープをリリース。即完売。
2017年 4曲入りの「between you and me EP」を自主リリース。
2019年 5月 TESTCARD Recordsから、エンジニアにHAYASHI氏(AFOK/The Diditits / ex:PENPALS)、
漫画家である新星エビマヨネーズ氏をデザインに迎え、初の全国流通アルバム「KUNG-FU GIRL」リリース。
2019年夏 インドネシアからカセットテープをリリース予定。

■Information
KUNG-FU GIRL / KUNG-FU GIRL
発売日 : 2019年05月15日(水)
価格 : 2,315円(税抜)
国内レーベル : TESTCARD RECORDS
フォーマット : CD
規格品番 : TCRD004

■Instagram
https://www.instagram.com/kungfugirlband/

■twitter
Milk:@ultimate_punks
Happy:@tatsuo_umemiya

TESTCARD RECORDS
https://testcard.thebase.in/

■LIVE
▼7/13(土)京都ネガポジ
w/RUNRUNRUNS(東京)
and more

▼7/14(日)岡山CRAZY MAMA STUDIO
“DO THE ACTION vol.3”
w/A PAGE OF PUNK(東京)
RUNRUNRUNS(東京)
strike three!
9mile(東京)
炙りなタウン
向こう岸
やっほー

open/start TBA
チケット ¥2000

▼7/15(月・祝)大阪四ツ橋LMスタジオ
w/RUNRUNRUNS(東京)
FAAFAAZ
manchester school ≡

▼8/11(日)下北沢BASEMENT BAR
“Noon Break”
w/RUNRUNRUNS
LIFE IS WATER
and more
O.A Miss Heavenly

▼8/17(土) Common Cafe(中崎町)
“NIIGHTS JAPAN TOUR 2019”
w/NIIGHTS (from US)
HITOMI (KILL MY 27)

open/start 17:30/18:00
チケット adv/¥2,800
     door/¥3,300(+1drink)

special thanks!
■MV「Anorak」制作/にんクリ:
7人チームで、MV撮影、レコーディング、ライブ撮影、
アーティスト写真、イベント企画などなどしています。
https://ninkurikurikuri.tumblr.com/

■1st album「KUNG-FU GIRL」CDジャケットイラスト
新星エビマヨネーズ:
https://www.pixiv.net/member.php?id=1987622