• HOME >
  • TENANT >
  • 【TENANT 102】喫茶つぐみの部屋 #4
2018.04.27

【TENANT 102】喫茶つぐみの部屋 #4

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

TsugumiAkimitsu 秋光亜実

ずいぶんと長い間、部屋を留守にしてしまいました。

部屋を空けている間は、
散歩をしたり旅をしたりしていました。
その距離は
大阪市西区の靭公園から
東京都板橋区
そしてテキサス州オースティンまで。

見てきた景色
聴いてきた音楽
出逢った人々のことを
言葉でつづりたい想いが溢れるけれど
言葉をたぐり寄せようとしても
間に合わないくらいに
とにかく時間の流れの早さと儚さを感じ
ひたすらに
シャッターを切り続ける日々。

それは本当にハッピーに満ち
想い描き続けた夢がリアルに輝く瞬間でした。

ただ、
撮り続けることで
私自身とあらゆる物事の距離は
縮まるとばかり思っていたけれど
距離が縮まることが
正解というわけでもないことに
気づいたりもしました。

“距離が縮まる”ということは
遠くの土地に足を踏み入れることなのか
人との関係性なのか
心が揺さぶられる体験をすることなのか。

一体何のことを意味しているのか
自分の中でも明確ではない。

巡り巡って答えは出ないし、
まだまだ留守にする日々が続きそうです。

出かけた場所で見たもの
出逢ったものを風呂敷に詰め込んで
たまに帰って来ては
少しずつ広げて行きます。

またのぞいてみてください。

2018.4.27 Fri