• HOME >
  • TENANT >
  • 【TENANT 106】#1 いちんち
2017.03.15

【TENANT 106】#1 いちんち

―106号室、イチタの家・いちんち―

 

 

 

 

ひとつひとつ近くから見てみます。

 

 

 

 

 

 

小森一太(コモリイチタ)24歳。男性。日本人。現大学4年生。現無職。
東京生まれ。3歳から9歳の幼少期、ドイツで育つ。
写真は、幼馴染の友人たちとプールにて。推定9歳。

 

 

 

 

 

小学4年生で大阪に引っ越す。サ行とタ行、一人称、大阪弁に敬語に漢字を苦手とする。
遊び方もしゃべり方もわからないので先生の言う事を聞く。中学もそんな感じ。
写真はうまく現像されず。

 

 

 

 

 

サッカー、パソコン、J-POP、アニメとエロに囲まれた中流家庭の長男ぐらし。
高校のころ気まぐれで参加した交換留学で、なにかひらける。
写真は、その後はじめたママチャリ旅の道すがらにて。

 

 

 

 

 

いつの間にか旅にイベントに留学と動き回り始める。秋田のクマの出る山奥に大学進学。
手当たり次第なんでもやってみた挙句に世界一周宣言するも3か国で断念。歯車が狂う。
写真は、キャンパス内を授業へ向かう推定18歳。

 

 

 

 

 

躁うつ状態を繰り返す。アメリカ留学中に全てを捨ててヒッチハイクで大陸横断をはじめる。
その後休学。あてのないヒッチハイクを繰り返す。
写真は、大陸横断後ニューヨークにて。

 

 

 

 

 

いろいろあって故郷のドイツに流れ着く。1年間ボランティアとして子どもたちと働く。
ドイツ語をわりと思い出す。たくさん恋をする。
写真は、ボランティア宿舎でのパーティーにて。

 

 

 

 

 

 

2年間の休学を経て秋田に戻る。同期はほぼ全員社会人となる。

インターン生として半年間カンボジアの国連事務所で働く。代わりに卒業を延ばす。
写真は、カンボジアの大学生たちとの現場取材にて。

 

 

 

 

 

 

そんな、次のポラロイドになにが写るかまったく想像できない私です。
当面の目標は仕事に就くことです。
よろしくおねがいします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人類みな変人、ということでいきましょう。
106号室のイチタです。
想さん、SALONオープンおめでとう。
つぐみさん、麦酒さん、そして住民のみなさん、僕はワクワクしています。
いちんちは、できる限りの思索と工夫とユーモアで
なるたけオープンな部屋であり続けます。

それではみなさん、甘い夜を。

Ichita Komori
2017/03/14 24:11 @Akita City