• HOME >
  • TENANT >
  • 【TENANT 301】#1 Ask the Dust
2017.03.30

【TENANT 301】#1 Ask the Dust

タイトルはジョン・ファンテの同名小説から。
塵に訊け。
ファンテはブコウスキーから入ったクチです。

ファンテはパンティーニで、ブコウスキーがチナスキー。ほんだらお前はなんなのかって話ですが、詩を書いてメロディーをつけてギターを弾いて歌ってます。
文字に起こすとあれね、凄い恥ずかしい行為。
でも結構いい曲書くんですよ。もし、ジャンゴラインハルトがガレージロックをプレイしたら…みたいな曲とかね。お酒に合うようなやつ。僕自身めちゃくちゃ弱いんだけど、
”礼儀正しい酔っ払い” でいることを常に心がけています。チャンドラー、いいよね。

ここでは曲をカバーしてこうかなって思ってます。前々からこういう機会があれば、一発目はロバートジョンソンにしようと決めていたので、今回は”Love in Vain”をクラプトン風に。

ハードボイルドな男は常に女の子とトラブルを抱えてなくてはいけません。いろいろな理由をつけてみなさん別れを切り出したりすると思いますが(将来が見えないとかね)、一番こたえたのはりさちゃんの放ったこの一言。

このサイコパス野郎!