• HOME >
  • TENANT >
  • 【TENANT 401】たのしいこと #4
2019.06.02

【TENANT 401】たのしいこと #4

以前、参加させていただいたリレー小説「夏の白昼夢」がZINEとして発売されました。
私は5人目の作者としてバトンを受け取りました。
ほぼ面識の無い方々と、共通のテーマで小説をリレーしていく…ということで自分なりにどう表現するかかなり悩みました。
そんな中、ふと前に書いた短文を思い出し、そのシーンを中心に肉付けすることにしました。
それがこちらです。

 

 

これは、活版印刷の体験時用に書いた文で、画像は実際に印刷したものです。
一文字ずつ版を探し、組み合わせて文を作るという作業が楽しかった。
私の中の感情が少しずつ形となり、表現物に変わっていく様を体感できました。
インクのスレも、吐息のような生々しさがあってお気に入りの一枚です。

水に潜り、くぐもった音しか聞こえない中、光だけを見つめる。
ダイビングをした時、まさに描いていただいた挿絵のような情景で心奪われました。
Takuro Enomotoさん素敵な絵をありがとうございます。

リレー小説は、作者による独特な表現がみどころです。
テーマの捉え方や言い回し、象徴表現など読めば読む程その作者の個性が見えてきます。
とても楽しい企画ありがとうございました。

リレー小説「夏の白昼夢」は、SALONのWeb Market 「POOL」より、お買い求めください。